第27回 織田信長サミット

織田信長サミットについて

今年は富士宮で開催 織田信長にまつわる歴史を知る

織田信長サミットは、歴史上の人物「織田信長公」との関係を大切にしている各市町の首長等が集い、各市町の交流を深め、歴史と文化を土台とした魅力ある個性豊かなまちづくりを目的に、二年に一度の開催をしています。
第二十七回目の開催となる今年は、織田信長公が武田氏を滅ぼした後に富士山を見に訪れた地、また信長公の首塚伝説のある「富士宮」で開催することとなりました。

今年は富士宮で開催 織田信長にまつわる歴史を知る
富士山西山本門寺の首塚
富士山西山本門寺の首塚

織田信長の首がどうして富士宮に?

本能寺の変の後、焼け跡から信長の遺体は発見されなかったと伝えられています。古くから西山本門寺(富士宮市芝川地区に所在)には本堂裏手に樹齢400~500年といわれる大ヒイラギがあり、信長公の首が埋められていると伝えられています。信長公に関する日本史上、最大のミステリーのひとつです。

富士山西山本門寺

芝川地域の西山に位置する富士山西山本門寺は、南北朝時代の康永3(1344)年に日代上人によって開山され、富士五山の一つに数えられる名刹。670年余りの長い歴史を誇り、数々の国指定重要文化財及び静岡県指定文化財等が保存されています。

富士山西山本門寺

織田信長ゆかりの地へ

人穴

人穴

富士宮市人穴206

富士山の溶岩流によってできた洞穴。古来より富士山の神様がいると伝承され、鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』にもその記述がみえます。『信長公記』によれば、信長は天正10(1582) 年4月12日に人穴を見物し、茶屋を建てさせ一服したといいます。

白糸の滝

白糸の滝

富士宮市上井出・原

富士山の雪解け水が絹糸を細く垂らしたように流れ落ちる滝。建久4(1193)年、富士の巻狩の際、源頼朝が和歌を詠んだとされる場所。信長は、往時の天下人である頼朝の旧跡を辿るように、白糸の滝について詳しく尋ねたといわれています。

狩宿の下馬ザクラ

狩宿の下馬ザクラ

富士宮市狩宿98−2

信長は白糸の滝と同様に、源頼朝の事跡を詳しく尋ねたようです。狩宿という地名は、源頼朝が富士の巻狩の際に館を建てたことに由来します。狩宿の下馬桜は、この場所で頼朝が馬から下りたため下馬桜、また馬を繋いだため駒止の桜とも呼ばれています。

富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社

富士宮市宮町1-1

富士山の神様を祀る浅間神社の総本宮であり、富士宮市の中心を為す神社。信長が富士遊覧を行った当時、武田氏より寄進された社殿が戦乱の中で焼かれていました。徳川家康が信長のために御座所を建ててもてなし、信長はここで一晩過ごしました。

富士見石

富士見石

富士宮市宮町12−22

現在は富士宮市立中央図書館の玄関前に置かれています。信長が大宮の地を訪れた際、この石に腰掛けて富士山を眺めたとされ、富士見石と呼ばれています。隣にある道祖神の裏側には、富士見石の名前の由来が刻まれています。

西山本門寺

西山本門寺

富士宮市西山671

下馬札のある黒門を入り、樹齢450年の杉並木がそびえる参道を上ると壮大な本堂が現れます。紺紙金泥法華経や日蓮筆法華證明鈔などの国指定重要文化財を擁し、毎年4月18日に一般公開されます。毎年11月には、「信長公黄葉まつり」を開催しています。

人穴 白糸の滝 狩宿の下馬ザクラ 富士山本宮浅間大社 富士見石 西山本門寺

織田信長クイズキャンペーン 平成29年11月10日まで

公式のツイッターアカウントをフォローして、クイズの答えを#タグを付けてツイート
応募期間 平成29年9月1日(金)00:00〜11月10日(金)23:59

サイト内で出題されているクイズをハッシュタグ付きでツイートしてください。正解のハッシュタグ付きでツイートされた方が抽選の対象となります。

プレゼント

芝川の恵みを存分にお楽しみください。
新稲子川温泉ユー・トリオ子ども無料券…1枚(小人/3歳〜小学生、3名様まで)。柚野の猟師さんの「富士山鹿(ふじさんろく)ジャーキー」…1袋。稲子産梅100%使用の食べる梅ラー油「稲子の実」…1個。

「第27回織田信長サミット」公式アカウントをフォローする

01「第27回織田信長サミット」公式アカウントをフォローする

クイズの答えを選び、「#信長サミット2017」をつけてツイートする

02クイズの答えを選び、「#信長サミット2017」をつけてツイートする

Q.信長が甲州征伐の後、立ち寄ったとされる場所は次のうちどこ?

Q.信長が甲州征伐の後、立ち寄ったとされる場所は次のうちどこ?

(1)西山本門寺 (2)人穴 (3)湧玉池
(1)西山本門寺でツイート (2)人穴でツイート (3)富士山山頂でツイート
クイズのヒントは「信長ゆかりの地」をチェック!

応募締め切り後、厳正なる抽選の上、当選された方にはTwitterのDMでご連絡いたします。

〈注意事項〉

  1. 本キャンペーンには、Twitterアカウント及び条件を満たしたツイートからのみ応募できます。
  2. お一人様、何回でもご応募いただけます。
  3. アカウントが非公開の場合は応募が無効となりますのでご注意ください。
  4. 抽選の詳細や結果については公表いたしません。抽選結果に関するお問い合わせにはお答えいたしかねます。
  5. 応募締切を過ぎてからのご応募は無効となります。
  6. 当選した方にはDMにてご連絡させていただきますが、当選連絡後7日以上経過してもご連絡・ご返信がない場合は、ほかの方に賞を譲る場合がありますので予めご了承ください。

イベント情報

11/11 第27回 織田信長サミット

開催日
平成29年11月11日(土)15:00〜18:15
開催地
静岡県富士宮市
場所
富士宮市民文化会館 (富士宮市宮町14-2)
概要
織田信長にゆかりのある市町が加盟し、2年毎に首長の集まるサミットを開催しています。
富士宮市は平成25年に加盟し、今回が初開催となります。
内容

14:00 開場

14:30 出迎えの舞

  • 奉納おどり(芝川おどり保存会)
  • 舞扇(日本舞踊梨香の会子供教室)

15:00〜 サミットオープニング「書・音・舞 織田信長公 富士山に舞う」

  • 和太鼓演奏 はせ みきた
  • 尺八演奏  土井 啓輔
  • 書道家・書の舞台演出家 志村 雅芳
  • 日本舞踊花柳流師範 花柳昌梨香
  • 岳心流詩歌吟詠総伝 上席師範 清 敬心

富士宮市内在住の女優 工藤 夕貴より歓迎のあいさつ

織田信長サミット 「サミット宣言&市町紹介」

16:40~18:15 サミット記念講演会

  1. 歴史作家 安部 龍太郎
  2. 静岡大学名誉教授 小和田 哲男

信長サミット事前申し込みフォーム ※先着500名様

出演者情報

小和田 哲男(おわだ てつお)
小和田 哲男(おわだ てつお) | 静岡大学名誉教授

1944年2月1日、静岡市生まれ
戦国時代史研究の第一人者。NHK「歴史秘話ヒストリア」やEテレ「知恵泉」など歴史番組でのわかりやすい解説に定評がある。また、NHK大河ドラマでは1996年「秀吉」、2006年「功名が辻」、2009年「天地人」、2011年「江~姫たちの戦国~」、2014年「軍師官兵衛」で時代考証をつとめ、2017年「おんな城主 直虎」も担当している。1972年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。静岡大学教育学部専任講師、教授などを経て、同大学名誉教授。

安部 龍太郎(あべ りゅうたろう)
安部 龍太郎(あべ りゅうたろう) | 歴史作家

1955年6月20日、福岡県黒木町(現八女市)生まれ
久留米高専卒。東京都大田区役所で図書館司書を務めながら小説家を志し、1990年『血の日本史』で注目を集め、以後、常識に囚われない独自の歴史観に基づく骨太の歴史小説を数多く発表。代表作に『信長燃ゆ』『関ヶ原連判状』『天下布武』『薩摩燃ゆ』など。2005年『天馬、翔ける』で中山義秀文学賞、2013年『等伯』で第148回直木賞を受賞。 現在、全国地方新聞各紙で「家康・不惑篇」を連載している。
又、信長公奉賛会会長として毎年11月第2日曜日に富士宮市西山本門寺で開催される「信長公黄葉まつり」のメインイベント・火縄銃演武では、駿府鉄炮衆の一員として参加している。

工藤 夕貴 (くどう ゆうき)
工藤 夕貴 (くどう ゆうき) | 女優

1971年1月17日、東京都生まれ
1983年に芸能界入りし、今井正監督の遺作となった『戦争と青春』に主演し、最年少でブルーリボン賞主演女優賞受賞。 数々の日本映画をはじめ、ハリウッド映画へも数多く出演。アメリカから帰国後は富士宮市に移住。無農薬・無肥料の野菜栽培や米作りに取り組み、カフェレストラン「カフェナチュレ」を経営するかたわら、毎年全国約20ヶ所で農業と食と健康を題材とした『食の講演』も行う。自らが手掛けるこだわりの純米酒『ギフト』も静かなブームを巻き起こしている。 現在は、NHKを中心に 『にっぽん百名山』『Let’sクライミング』等MCとして活動。静岡県ゆかりの著名人として、静岡の素晴らしさを全国に向け発信中。

11/12 第18回 信長公黄葉まつり

開催日
平成29年11月12日(日) 9:00~15:00
場所
富士山西山本門寺
(富士宮市西山671)
内容
  • 9:00〜 開会式
  • 9:30 信長公供養祭
  • 10:10 俳句表彰
  • 10:30 武者行列
  • 11:20 剣道野試合
  • 12:00 神田すみれ 講談
  • 12:30 春風亭昇太 落語寄席
  • 13:40 芝川清流太鼓演奏
  • 14:00 居合
  • 14:30 火縄銃演武(駿府鉄炮衆)
動画を再生する

9:00〜 信長夢の食街道
ご当地グルメなど約50店舗が出店

境内

刀鍛冶実演(冨士日本刀鍛錬所)
二胡演奏(長谷川正季)
野点

境内西側

どうぶつ広場(ホールアース自然学校)

黒門(参道入口付近)

フリーマーケット

200枚限定 入場整理券配布のお知らせ

神田すみれさんの講談、春風亭昇太さんの落語は本堂内で開催します。席には限りがございますので、入場整理券を配布いたします。

配布期間
11/1(水)
8:30~12:00 富士宮市役所玄関前
13:00~  富士宮市役所4階観光課

11/12(日)
9:30~10:00 富士山西山本門寺本堂前特設受付


※配布は予定枚数に達し次第終了となります。
※電話やメール等での予約は受け付けておりません。恐れ入りますが配布時間に合わせて、上記の場所までお越しください。
※講談及び落語は本堂の外でも聞こえるようにする予定です。

無料シャトルバスは富士宮駅発と芝川会館発があります

出演者情報

春風亭昇太(しゅんぷうていしょうた)
春風亭昇太(しゅんぷうていしょうた) | 落語家 

1959年12月9日、清水市(現静岡市清水区)生まれ
1978年東海大学文学部入学、1982年春風亭柳昇に入門、前座名昇八(しょうはち)。1986年二ツ目昇進、春風亭昇太となる。1992年真打昇進。隔月で発表する新作落語の創作活動に加え、独自の現代的な解釈で取組む古典落語の会を積極的に開き、古い落語の価値観にとらわれない若い観客層を増やし、芸術祭大賞受賞をはじめ数々の賞を受賞。新作・古典を問わず高い評価を集めている。2016年からは日本テレビ「笑点」6代目司会者をつとめるほか、長年にわたる「お城めぐり」が高じ、著書の発行、城郭フォーラムのパネラー、講演、城イベント等、活躍の幅を広げている。

神田すみれ (かんだ すみれ)
神田すみれ (かんだ すみれ) | 講談師

2月23日、兵庫県神戸市生まれ
1980年、文学座付属演劇研究所、演劇集団『円』を経て神田山陽門下に入門。1983年二ツ目昇進、1989年真打ち昇進。主な読み物は赤穂浪士伝、偉人伝、怪談ものなど、古典・新作に限らず多数あり、「西山本門寺の信長の首塚」ほか、地元の創作講談も得意とする。信長公黄葉まつり事務局・芝川商工会の名誉会員であり、まつり創始時より芝川にて講談を披露している。 現在は本牧亭、国立演芸場、上野広小路亭、日本橋亭などに出演するほか、自身が講師を務める講談教室や講演などを行っている。

その他関連イベント

市内各図書館で織田信長特設コーナー開催中